強くガッと(ガッと)

時にそっと(そっと)

節約とは言ったものの

元々あまり服や化粧品にお金をかけない地味女ですし、今の環境では周りに友達も少ないので交際費もかかりません。出無精で料理が嫌いではないので外食もしません。お酒も弱いです。物価の安い田舎です。親族の持ち家に一人暮らしなので家賃かかりません。学生時代の友人はほとんど都内にいますが、最近は現場のために帰ることが多く、時間がないおかげで会えていません。

同世代の独身女性と比べて、出費はかなり少ない方だと思いますが、だからこそ節約には工夫が必要なわけです。逆にね!!

生活費に関しては、我慢ではなく工夫でできる範囲内での節約を心掛けます。私は光熱費の節約をするのがしんどいと感じるので、そこはしません。

オタクに関しては何にでも湧く低燃費タイプですが、本体は燃費が悪いのでたくさん食べます。ドライブが好きなのでたまに車で遠出します。遊ぶときは遊びます。このあたりは節度を守らないといけませんね。

 

オタ活に関しては、本当に人によってお金のかけ方は様々なので何とも自己評価しにくいところがありますが、地方在住のため交通費がかかるところと(都内に実家があるので宿代はかかりません)、デビュー組とJr.の掛け持ちであるというところで行きたい現場は増えがちです。まあでも全然だと思います。

ただ私は本気なので笑、いかに現場に行くこと自体を我慢するかが勝負です。ただしオタ卒は絶対にしません。茶の間に毛が生えたくらいの絶妙な熱量を保っていくのが理想です。現場は自名義で当たった分だけ行く。雑誌は基本的に買わない。CDとDVDと公式写真はもれなく買って堪能する。という応援スタンスでいこうと思います。ちなみに以前はお高めのチケットを買ったり、雑誌を買い漁ったり、イケナイ写真も欲しくなっちゃったり、本能の赴くままにオタクしてました。お金はかかったけど、これはこれで良い思い出ができたので満足しています。

 
収入と貯金の額については書きません。
出費がどうだったか、どんな節約ができたか、自戒と備忘録として記録していきます。お金以外のひとりごともたくさん書きなぐります。
 
お金については以上で、あと結婚をしたいのなら相手が必要ですね。
田舎で寂しく暮らす地味女ですが、遠距離恋愛中の彼がいます。交際を始めて半年が過ぎ、あっという間に1年になるなぁというところ。ちょうど良い。実にちょうど良いです。この人と結婚したいと思っています。優しくて良い人で、付き合い自体は長いのでお互いのことをそれなりによくわかっています。
相手が私との結婚についてどのくらい前向きかは、一応話はしているものの、なんとも言えないです。でも、私のことは好きでいてくれているはずなので、何とかなるといいなと思っています。会うのは月に一度か、二月に一度くらいです。
もしブログの更新が途絶えたら、あ〜終わったのかなと察してください。新しい彼氏ができたらまた再開します(笑)
 
次の記事では先月の出費について書きます。前置きが長くなりましたが、やっと本題に入ります。