強くガッと(ガッと)

時にそっと(そっと)

6月の支出

1ヶ月遅れの6月の収支でございます。

f:id:gatsot:20170705204045p:plain

f:id:gatsot:20170705204041p:plain

《食費》前月より3,000円ほど増えました。6月のデートの食事代がこちらに計上されています。 デートの出費は項目を統一するべきか

《交通費》観劇だったり、ピクニックしたり、ちょこちょこ都内にお出掛けしてました。

《趣味》ツアーのチケットが当たったのでその入金分です。連戦連勝でございます。ありがとうございます。

《日用品》なんだか随分増えてますね。日用品の買い物は手間なのでロハコをよく使っています。

《衣服・美容》服、靴、アクセサリー、下着を買いました。それから美容院とネイルを1回ずつ、化粧品もいくつか購入しました。高価なものは買っていませんが先月よりかなり高くつきました。

それから携帯代、高速料金、受験料その他諸々で合計126,355円でした。先月と比べると約26,000円増です。


季節の変わり目で衣服や靴などが新たに必要になったことと、日用品・化粧品などの消耗品の出費が重なりました。ただ今月は旅行をしていないので、なかなかの増加率です。今月は収入が多かったので、そんなつもりはなくても財布の紐が緩んでいたかもしれません。来月は抑えていきたいところですが7月の出費は6月をさらに上回りましたHAHAHA
収入に比例して出費が増えてしまうから不思議です。別に忙しく働いているわけではないんですが。

新規をやめたい

私はここ2年ほどでジャニーズにハマりました。最初はデビュー組から始まって、Jr.を見るようになってからはまだ1年ほど。新規。紛れもなく新規のファンです。

ジャニーズに限った話ではありませんが、タレントとファンという狭くて熱い世界の中では、特にネット上において無意識に形成されるファンの序列というものがあります。客観的な指標によって実際に順位づけされるということではなく、個々のファンに内在する序列の意識です。

ジャニオタ界隈でもしばしばマウンティングという言葉が使われますが、まさにそれはこの序列の優位性を誇示することだと思います。人より優位に立っていたい、それを他者に知らしめたいという気持ちを持つのは集団で生きる動物の性でしょう。

ジャニーズに関しては、どれだけ長く応援しているか、どれだけ現場に行っているか(金をかけているか)、ツイート等の発言がどれだけ支持されているか。こういったものが尺度になっているようです。

私は特に、どれだけ長く応援しているか、すなわちファン歴についてコンプレックスを持っています。

 

ところで、コンプレックスという言葉は、特に日本においては劣等複合と呼ばれる”自分が劣っていることに対する強い執着心”として理解されています。また、タブーやフェティシズムに分類されるような様々な対象への愛着・葛藤・憎悪などの強い感情という意味としてもよく使われる言葉です。例えばショタコンとかですね(頭抱)

ファン歴についてのコンプレックスは、劣等複合に該当します。学歴コンプレックスという言葉が広く知られていますが、それと同類の劣等感とそれに付随するあらゆる執着心のことです。

 

古参のように先見の明がなかった。彼が芸能界に現れてから○年もその存在に気付けなかった。この年数の差によって、私はどれだけ彼らを理解できていないんだろうか。どれだけの活躍を見逃してきたんだろうか。そんな新規が彼のことを語って、生意気だと思われないだろうか。私が持っているのはこういったファン歴コンプレックスです。

この自意識に囚われて、存在しない非難や嘲笑に警戒して、新規であることをアピールせずにはいられなくなっています。自分にでかでかと初心者マークを貼ることによって、予防線を張っているような状態です。

 

大げさな説明をしましたが、自分の好きなタレントについて語る際に、新規であることを前置きして申し訳なさそうにしないといけないような気がしている。そんな自分の謎の気の弱さと遠慮深さがいい加減面倒くさいのです。

自分の気の弱さであり、自意識過剰であることは自覚していますが、事実、ファン歴を謙遜し合う文化はファン同士の交流において常套句になっていると感じています。謙遜し合ってみんないつまでも新規を名乗るから、みんな何年経っても永遠に新規のままです。既に新規という言葉が形骸化しつつあるとも思います。

 

ファン歴が長い人は、その分彼らの成長を長く見守っていて本当に羨ましいです。そしてファンがいなければアイドルはアイドルではいれらませんから、古くからのファンには感謝しています。

この羨望と感謝の気持ちがどういうわけか複雑に屈折して、古参に対して萎縮するようになってしまっているのです。誰から叱られたわけでもないのに。

 

しかし、私が彼の魅力に気付くタイミングは、あの時しかなかったはずなのです。私の場合は当時少し俗世に疲れていた節があって、夢みたいにキラキラした世界でさらに光っている彼らを見て心惹かれずにはいられませんでした。私の悩みを吹き飛ばしてくれました。ハイライトでくすみを消す的な。例えがおかしいですが、構図としてはそんな感覚でした。ちょうど某デビュー組がプチブレイクして、テレビによく出るようになった頃のことです。まさに革命でした。私の心の状態と、彼らの活躍の具合が絶妙にマッチしたから、私はファンになりました。

大人になってからジャニーズにハマることができてラッキーだと思っていますし、あのタイミングで彼らの魅力に気が付いた自分を誇らしく思ってすらいます。そして様々な面で幸運に恵まれて、かなり順調なジャニオタ人生を送っていると自負しています。(だからこそ申し訳ねーなーと思うこともありますが)

 

でも、やっぱり彼らについて堂々と語る勇気が出ないのです。言えなかった言葉が下書きに積もります。古参に敬意を示すことで何かを免れようとしています。でも、そんな自分が鬱陶しいし、新規という言葉がこの界隈にあまりにも溢れている気がして、息苦しさを感じています。でも、でも、の堂々巡りです。

この心理状態こそが新規の本質なのでしょうか?初心者マークに甘えることなく、堂々と思いを発信できるようになったら、一人前のファンと呼べるのでしょうか。いやファンに一人前も何もないですよね。

 

ファン歴に限らず、趣味に関しては何事も人と比べずに楽しめるといいのですが。ツイッターでもしばしばマイペースにオタクを楽しむことについての啓蒙的なRTが流れてくるので、多くの方が抱えている小さな悩みなのだと思います。

自分と同じようにアイドルを応援している人は沢山いて、そういった似通った価値観を持つ人たちと交流するのはとても楽しくて、だけど他者を認識した瞬間に、その他者と自分との間に差異や優劣が生まれてしまいます。否が応でも見つけてしまいます。現実社会においてはそれを自覚し謙虚に生きることが美徳とされていますから、趣味の世界でもどうしても気にしてしまうんですよね。

 

本当に疲れたら黙ってオタクをやめますし、当分そんな時は訪れないだろうなと確信を持てるくらいに彼らにはメロメロなので、まあかなりどうでもいい話なんですけど…

 

 

ブログを始めてからずっと温めていた記事なんですが、ちょうどタイムリーな話題が流れてきたので今回アップしてみました。

自称新規のファンの方を批判する意図はありませんが、度の過ぎた謙遜は「私たちみんな新規だよ仲間だよ!」と他の新規ファンへの理解を示しているのか、それとも「私が新規なんだからあなたたちはまだ新規にも及ばないヒヨッコよ!」という嫌味が含まれているのか、測りかねます。はたまた、10年選手はまだまだ新規だと本気で思っているのか。

何にせよ、櫻井翔さんの発言には大きな安心感を覚えました。タレントが新規と古参を区別することはまずないでしょうけど、私を含め、一部の尖ったファンの意識を少しやわらかくしてくれたような気がします。

私は嵐のファンではないので、彼らはお芝居、報道、バラエティといった一歩進んだステージで活躍されている方々だというイメージが強かったんですが、あの発言から察するに、バリバリ現役のアイドルなんですね。

やまぺのこと

何なんでしょう今回のやまぺ。彼は何に怒ってるんですか?この期に及んで、何が我慢ならなかったんですか?

芸能人であれば誰にでもある、取るに足らない噂話です。本人がどれだけ主張しようと、オタクがどれだけ証拠を積み重ねて庇おうと、真偽を確かめる術は誰にもありません。それどころか、一度本人が触れてしまったら、これから全ての噂に反応しないとアンチに付け込まれます。あの時は(暗に)否定したのに今回は何も言わないってことは、やましいことがあるの?と。だから噂は全てスルーしないといけないんです。

もし今後彼や彼の周りのメンバーにとって不利益な噂が広まってしまったら?考えたくはありませんが、それがただの熱愛の噂などではなく活動を揺るがす内容で、否定することも弁解することも許されない状況になったら?

スルースキルはアイドルを守る盾です。これは芸能界の不動のセオリーなはずです。週刊誌に載っても絶対スルーです。今回こんな小さな噂話を無視できなかったばっかりに、いつか自分やメンバーがさらに追い込まれることになるかもしれないとは思わなかったんでしょうか?

幼い頃からトップアイドルとして走ってきた彼ですから、こんなことは慣れっこだと思っていました。事実無根の嫌な噂、たくさん流されてきたはずでしょう。たくさん我慢してきたはずでしょう。耐えて積み上げてきたものがあったはずです。それなのに今更になって反応してしまったことに驚いています。

今回彼がこの噂に関して公式の媒体で触れてしまったことで、この噂を知らなかった人や、興味を持っていなかった人、そしてweb会員以外も知るところとなってしまいました。本人が火消しに必死になるなんて、本当は別の意図があるんじゃないかと邪推する人もいるでしょう。

と思ったら、ツイートを漁る限り多くのファンが「かっこいい!こんなのなかなかできないことだよね。振り回されてごめんね。ついて行きます!!」となっているようなので、これこそ私の邪推なんでしょうか(笑)

噂の真偽はどうでもいいですし、アイドルが恋愛をすることに対して私は肯定派なんですが、この事態はとにかく悔しいです。噂の元凶が何より腹立たしいですし、こんな些細なきっかけで彼の我慢が限界に達するほど、彼は追い詰められていたのかと思うと、悔しいです。

「忍びの国」を観てきました。

嵐の大野智さん主演映画「忍びの国」を観てきましたので、ネタバレなしの感想を書きたいと思います。主に知念侑李くんについてです。

 

非常にカジュアルな歴史劇で、歴史小説とかが大好きな方にとっては少しポップすぎると感じられたかもしれません。ですが史実に基づいた物語ですし、「誰もが楽しめる」という点では本当によくできていると思いました。
ギターロックみたいな音楽であったり踊るようなアクロバットであったり、若い世代や海外の方が観られることも意識して演出を固めていかれたのかなと思いました。私はそもそも映画がそこまで好きではないので、そういう立場からしても大変観やすく、終始楽しめる作品でした。
 
大野さん本当にハマり役でしたよね。普段の気怠げで冴えない雰囲気からの、アクロバットのシーンでの激しい動きのキレと軽やかさ。あれはズルイ、誰もが魅了されます。それから、終盤のお芝居には泣かされました。一瞬で涙がぼろっと溢れました。
脇を固める役者さんたちはもう、言うまでもなくお見事でした。映画全体に重厚感を与え、物語がより洗練されたものになっていました。
 
そして知念くんに関して。私は知念くんがめちゃくちゃ好きなので、映画を観た方の彼の演技についての感想を執念深く検索してみましたが、9割方高評価でした。それ以外の評価も数件見かけましたが、取るに足らない意見ばかりでした(失礼)。ジャニオタだけでなく多くの方が今回の彼のお芝居を評価しているようです。
ひたすら可愛かったとかヒロインだったとかいう感想も見かけましたが、私は今回の彼に可愛らしさはあまり感じませんでした。役柄的に、若さといじらしさみたいなものはありましたが。
知念くん演じる信雄には、とにかく強さを感じました。みっともなさがアイデンティティみたいな人物像ではありましたが、根本的には決して弱い人物ではないのだろうなと。ギリギリまで虚勢を張ることのできる強さと、感情を吐露できる強さがありました。本当に人間らしく、強く、魅力的な役をもらったのだなと嬉しくなりました。あのシーンは何度でも観たい。あれだけ激しく絶妙に幼稚な感情の動きを表現できる彼の演技力。本当にたまりませんでした。一方あのシーンでは彼の顔面の整い具合にハッとさせられました。ああもう一度観たい。
 
今後の俳優業について、映画の宣伝番組で彼はイケメンの役はあまり…といった話をしていました。それから、舞台挨拶の際には(大野さんと)アクションコメディ映画に出演したいようなことを言っていたと思います。でも、私はどちらかというとゴリゴリの重たい作品で演じてほしいです。大河ドラマとか。平たく言えば、V6の岡田くんとか、嵐の二宮くんあたりが起用されるような役柄といいますか。もちろん知念くんの実力はまだ先輩方には遠く及びませんし、重厚な歴史映画で主演を張るタイプではないような気もしますが。偉大な役者さんに囲まれて、緊迫感で満ちた厳しい現場に身を置いてほしいのです。器用な人ですから、まだまだ圧倒的に成長できる力があると確信しています。
それからもう一つやってほしいのが、ミュージカルです。今回お芝居でも頭角を現し始めた印象は受けましたが、やはり彼の最強の魅力はしなやかなダンスです。ダンススキルと歌唱力、表現力がどこまでも厳しく求められるミュージカルで、彼の魅力を全力で爆発させてほしい!!そう願ってやみません。歌唱力についても、もう一段階レベルアップできると思いますし。
 
今回の映画、公開前日にふと思い立って、地方の劇場では初回の座席もまだ空きがあったので観に行ったんですが、思っていた以上に良くて、チケットを買い足して2日目も観ました。
まだご覧になっていない方はぜひ劇場へ。

アイドルでも一般人でも、結婚の発表は慎重にした方がいいと思います。

先日、彼と結婚の約束をしました。

もう少し彼が結婚に後ろ向きというか、簡単に決断できないだろうなと思っていたので、すんなりと2人の答えが出てしまって拍子抜けしています。もっといろいろ悩む予定でした…まあでも良いことです。入籍も式も、大体の予定は立てているもののずっと先のことで、まだほとんどが白紙ですから、これからたくさん悩んで、怒ったり悲しんだりもすると思います。一生に一度(であってほしい)の時間なので、できるだけ楽しんで過ごせるように努めようと思います。
家族以外にはまだ伝えていないので、ここに書きました。

結婚といえば、NMBの須藤りりぽんさんが総選挙で衝撃の結婚発表をしたことが話題です。世間より一足反応が遅いかもしれませんが、この話題について私にも語らせてください。
私は芸能人のプライベートを追いかけ回して金を稼ぐ週刊誌を心底軽蔑しているので、その週刊誌にしてやられる前に手を打ったという点については少し感心している節はあります。
しかし、発表の場については現時点でははっきり言って完全にナシだと思っています。
だって結婚ってデリケートな話題だもの。芸能人じゃなくたって、必ずしも、おめでとう!ありがとう!だけですっきり完結する話ではないですよ。でも2人が決めたことであるならば尊く素晴らしいことだから、素晴らしいことのまま祝福されるように、誰の心にもモヤモヤが残らないように、細心の心配りをして人に伝えることだと思っています。

アイドルは恋愛するな、結婚するなということではありません。男女関係なく、せっかく美しく生まれてきたからには、恋愛もめいっぱい楽しんでもっと綺麗になって幸せに生きてほしいというのが私のアイドルの恋愛に対する考えです。
もちろんその様子を見せびらかしたり半端に匂わせたりするのは、芸能人であろうと一般人であろうと気分の良いものではないので、常識や節度をもって慎ましやかに楽しんでいただきたいと思っています。

問題なのは、多くの方が書かれている通りその発表の場です。総選挙のスピーチで言うのは普通にマズイでしょ。
アイドルですし、ましてや48Gという奇をてらうことがそのアイデンティティと言っても過言ではないグループですから、目立ってなんぼという考え方もあるにはあると思います。でも、ちょっと各方面に良い影響がなさすぎて、引いています。グループの先輩であったり、応援していたファンの方であったり、りりぽんさんを主役にする場面のためだけの犠牲としてはいささか大きすぎたと思います。

繰り返しますが、アイドルは恋愛をするなという考えではありません。
ただ、結婚しますというのは、不用意にひけらかしたりするべきでない話題です。一般人だって仕事中に突然そんなことを声高に報告したりしません。限りなく恋心に近いレベルで切実な「人の思い」を受け取る仕事であるならば尚のこと、最後の最後まで配慮が必要であるということです。ただそれだけなんですよ。

それから、ワイドショーの名物キャスターがどこの偉い人に頼まれたのか、または勝手に忖度しているのかは知りませんけど、アイドルオタクを気持ち悪い悪者に仕立て上げるのは大概にしていただきたいです。論拠がツイッターとか、本当に二度と報道をやらないでくれと言いたいです。
お祝いごとなんだから、の一言で他の全ての主張に蓋をするのはもはや暴力です。グループの歴史やファンの思い、暗黙のルールを考慮しなかった破天荒な行動に対して、そこだけ一般常識を持ち出すのは卑怯です。

本当にあの場で発表して良いことだったんでしょうか。一生に一度(であってほしい)の大きな決断を、エンターテイメントの燃料にして良かったんでしょうか?順番さえ守れば綺麗なままだった彼女の幸せが、早くもマスコミ業界の大人の手垢でベタベタになっているように感じます。まだ20歳の彼女がいつか後悔しないか勝手に心配しています。

彼女の言っていた「面白い未来」というのが今のことを指すのならあまりのセンスの無さに呆れますが、おそらくもっと先の未来を見越しての発言なのでしょう。聡明な女性ですから、これから今までにないアイドルの形を見せて、見る人を楽しい気持ちにさせてくれるのだと信じています。

私の推しは、みんなに祝福されて幸せな結婚をしてくれるといいな。

アイドルとそのファンがこれからもwin-winの関係で、幸せな世界でありますように。
この美しい世界に水を差す悪い大人は、アイドルを応援するという崇高な楽しみを知らずに一生を終えるのでしょうね。心から同情します。

自己紹介します

先日、もう一人の自担が参加するお仕事が発表されてウルトラハッピーです。水曜日は少クラ!の気分が抜けなくてつらいですね。自己紹介します。

 

ジャニーズが好きでたまらなくて、何とか一生応援したくて、今後の生き方について考えるまでになった20代のOLです。

東京出身で、現在は仕事の関係で地方に住んでいます。

性格は楽天的でマイペースだと言われます。気が強いところがあるので、人と衝突しないようにスルースキルを磨いて生きてきました。

趣味はジャニーズ、音楽鑑賞、食べること、国内旅行です。特技はこれといってありませんが、運の良さは自慢です。あと、少し良い大学を出ていて、ブスの割にモテます。

 

ジャニーズの担当は2人、推しはさらに2人、お気に入りは無数にいます。推しが芸能界を去ってしまうことが何よりつらいので、そこそこ推され続けそうな、辞めそうにない子しか推せません。好みのアイドルは、歌とダンスが好きなんだなということがこちらに伝わるような一生懸命なパフォーマンスをしてくれて、可愛い前歯がちらりと覗くあどけないお顔の子。

私の彼氏も前歯が出ていますが、一般の男性に自担との共通項を求めると、良くないです。詳しくは申し上げませんが、とにかく良くないです。

 

お題「ブログをはじめたきっかけ」
きっかけは、結婚したい!と急に思うようになったこと。理由については最初の記事で触れた通りですが、ここ数ヶ月で不思議なほどにその気持ちが大きくなりました。なんでだろう。年齢でしょうか。

ブログで家計を公表することにしたのは、節約のために支出の状況を把握することが目的です。月に一度支出を発表するだけです。結婚に関係なくお金は大事ですが、一人で生きる場合と誰かと生きる場合で、なんか色々と変わってきますよね。なんか。

あとは、人と繋がらないところで自由に発言がしたかったというのもあります。ツイッターで仲良くしてくれているオタ友はみんな優しくて前向きで良い人ばかりですが、新規のDDであることに引け目を感じていたところがあったので。これに関しては改めて記事を書きます。このブログは元気にオタクを続けるために活用していこうと思います。

 

ジャニーズを好きになってから自分の中に起こった様々な変化を、自分のことながらとても興味深く眺めています。同様にジャニオタの皆さんの生態をもっと知りたいと思っています。

ジャニオタに限らず、大人の女性が心の奥底でどんなことを考えて生きているのか知りたいです。皆さんの好きなものについてでも、個人的なことでも、何でもたくさんブログに書いてください。という謎の依頼で、自己紹介を終わります。

5月の支出

自担のお仕事が発表されて超ハッピーな日曜日です。5月の出費を公開します。GWはめいっぱい楽しみました。

f:id:gatsot:20170604005008p:plain

円グラフだと小項目が出ないので少しわかりにくいですが、趣味・娯楽がほぼ半分を占めていることは一目瞭然ですね。私の人生はこんなものです。緑色の部分は日用品、濃青は交際費です。

内訳と合わせて、実際の金額を見ていきます。

f:id:gatsot:20170604005029p:plain

《食費》一人暮らしの食費の目安は2万円前後かと思いますが、旅行中の食費が趣味のカテゴリに入っているため食費合計は実際より少なめになっています。コンビニ、外食、昼ご飯は便宜上分けていますが、たまの外食は良しとしつつ、いずれも極力0に近づけたいところです。食費(自炊の食材費)も無理のない範囲で抑えていきます。

《交通費》今月上旬は日比谷に通っていたので、いつもよりかかっています。余談ですがクリエはビギナーズラックを発揮して意外と入れました。チケットの支払いは数か月前に済んでいて、チケットを譲ったお友達から代金をもらうだけだったので得した気分です。してないけど。

《趣味》デート代は旅行に計上しています。遠距離なのでいつも旅行みたいなものです。連休だったのでお泊まりでした。ちなみに完全に割り勘です。それから、嬉しいことにチケットの支払いがあったので(キントレ当たりました)ジャニーズの出費がありました。

《日用品》消耗品とかです。あ、百均で小顔ローラー買いました。

《美容》ネイルは3週間に一度くらいのペースで通っています。シンプルなものばかりですが、爪が綺麗だと幸せなので当分は続けるつもりです。化粧品はプチプラばかりなので、これ以上削ったら身だしなみとしてどうなのというレベルです。

《交際費》お土産等の職場関係の出費です。ちなみに職場の飲み会はエライ人が出してくださるので出費はありません。宴会芸の一つもできない私が毎回ご馳走していただくのは申し訳ないですし、夜は眠いのでたまにしか行きません。

《車》友人が遊びに来てくれて車で観光して回ったので、旅行に加えてガソリンの費用がある程度かかっています。

合計86,996円。家計簿ソフトの連携の関係で反映されていませんが、携帯料金が10,000円ほど加算されますので、約97,000円の支出ということになります。本来ならばこれに家賃と光熱水費がさらにかかってくるので、普通の地方のOLだとちょっとギリギリかなという感じでしょうか。

がっつりお金をかけてオタ活をされている方は、専門職や総合職でしっかり稼いでいる方が多いと思います。私はごく普通のOLなので、身の丈に合ったオタ活をしなければならないのです。今までそれをしていなかったわけですが。

 

これまできちんと家計簿をつけてこなかったので、月の出費がこのように整理されて見えるようになっただけで何だか倹約家になった気分です。6月に入りましたが、今月末の出費も見てから、月の予算を検討したいと思います。

家計簿はマネーフォワードを使っています。初めに色々とセットアップすればかなり楽に収支が記録できそうです。

個人を特定できるような情報は出さないつもりなので身バレは特に心配していませんが、金額までつまびらかに公開するのはものすごく恥ずかしいものですな。